名古屋市中川区

八幡中央公園|トルネード滑り台がある公園

2020年6月17日

名古屋市中川区にある「八幡中央公園」。

この公園には他では見ることができない珍しい遊具があります。

 

その遊具とは、とっても背の高いトルネード滑り台

 

通常の滑り台よりもスタート地点が高く、好奇心旺盛な子どもたちは一度滑ればそのスリリングさと楽しさに病みつきになってしまいます。

 

本記事では、ご近所にありそうな公園だけどその枠に留まらない、八幡中央公園の魅力を詳しくご紹介していきます。

 

こんな家族におすすめ!

  • あまり広くなくていいから遊具が一通り揃っている公園で遊びたい
  • いつもの滑り台では物足りない!もっとおもしろい滑り台を求めている

 

【八幡中央公園はこんな公園♪360度VR動画はこちら】

 

八幡中央公園のここがいいよ①:他では見ないトルネード滑り台

一見どこにでもあるような公園ですが、トルネード滑り台の存在感にまず驚きます。

(※ちなみにトルネード滑り台は正式名称ではありません。勝手ながら命名させていただきました)

レトロなようで新しい?けれど見た目は昔ながらの滑り台のようですね。高さの違う二つの滑り台のてっぺんには展望台があります。

子どもと一緒に展望台まで登ってみました。

展望台からの景色です。登ってみると思いのほか高く、高いところが苦手なまるママはちょっとドキドキしてしまいました。遠くに名古屋駅のツインタワーやミッドランドスクエアが見えますね。

 

そして肝心の滑り台。その高さから滑り下りるとけっこうなスピード感。けれど子どもたちはそのスピードとスリリングな感じに大ハマり。エンドレスで滑っています。

私も一緒に滑ってみましたが、なかなかのスピードで恐怖すら感じました。けれど、しっかりと子どもたちの心を掴んでいましたね。

 

八幡中央公園のここがいいよ②:遊具がきれい

 

設置されている遊具

コンビネーション遊具 2基

トルネード滑り台   1基

ブランコ 1基

スプリング遊具 2台

砂場

 

2019年にリニューアル整備されたばかりで、遊具も新しく設置されたものなので安心です。

 

公園を二つのエリアに分けるように中央に藤棚があります。

その藤棚の北側はキャッチボールなどができるエリア。そして南側は遊具のあるエリア。

ボールなどで遊ぶ比較的年齢が上の子どもと、遊具で遊ぶ小さい子どもたちが混在しないようにしっかりと分けられています。小さな子どもを持つパパママも安心して遊ばせてあげれます。

 

八幡中央公園のここがいいよ②:トイレがきれい

画像を見ても分かるように、とても清潔感があります。男子トイレと女子トイレの他に、ユニバーサルトイレもあるのも今どきですね。

子どもは急に「オシッコ!」と言い出すので、トイレがある公園は本当に助かります。清潔であればなおのこと良し。

 

八幡中央公園:まとめ

平日、土日関係なく、程よく人がいるくらいの混み具合。なので、ソーシャルディスタンスは十分確保しながら遊ぶことができると思います。

 

良くも悪くも公園の規模は「近所にある公園」ですが、トルネード滑り台はぜひ一度体験してほしい!特に未就園児の子どもたちはエンドレスになってしまうので病みつき注意ですよ。

 

そんな八幡中央公園ですが、残念ながら駐車場はありません

公共交通機関を利用の際は、金山駅バス乗り場5番出ている金山22バスに乗車し「八幡小学校」で下車。徒歩4分です。

その他のアクセス方法

  • 中川巡回バス「応仁町」下車すぐ
  • 名駅19バス「牛立町」下車徒歩4分

 

【八幡中央公園 基本情報】

住所:〒454-0043 愛知県名古屋市中川区牛立町2丁目27

電話:052-361-7581(名古屋市役所緑政土木局 中川土木事務所)
HP:なし
駐車場:なし

-名古屋市中川区
-

© 2022 愛知まるっとパークガイド