愛知県知多市

佐布里緑と花のふれあい公園|梅が有名な緑と花で溢れる自然公園

2020年6月22日

愛知県知多市にある「佐布里緑と花のふれあい公園」

 

佐布里池のほとりにあり、その名前の通り緑と花がたくさんの自然豊かな公園です。園内には数多くの梅の木があるほか、手入れが行き届いた花々が咲いており来園者を和ませてくれます。

 

本記事では、緑と花が美しい「佐布里緑と花のふれあい公園」をエリアごとに紹介していきます。

 

この記事は知多市の許可を受け掲載をしています

 

【佐布里緑と花のふれあい公園はこんな公園♪360度VR動画はこちら】

 

家族で楽しい!自然を満喫できるエリア

ふれあい広場

一面芝生の広々とした広場です。

 

広場の脇には水辺もあり、小さな子どもたちは走ったり、水辺で遊んだり、思いっきり楽しめるエリアです。遊具などはなく、自由に過ごすことができます。

 

走ったりするには十分な広さですが、レジャーシートを広げたり、テントを張ったりする人は見かけまなかったな。なので私たちは芝生に座ってクローバーを摘んだり、子どもとじゃれ合ったり、の~んびりと過ごしました。

 

冒険の森

広い園内には、森の風景をそのままに残した「冒険の森」と「冒険遊び場」いうエリアがあります。

 

そこでは「自分の責任で自由に遊ぶ・ケガと弁当は自分持ち」をモットーで、子どもたちが自然の中で思い思いに遊べるようになっています。

 

遊具などはなく、「あるものでどうやって遊ぶか」という自由度の高い遊び場。

 

丸太の手作り滑り台、木からぶら下がったハイジ風のブランコ、ハンモック、ターザンロープなど自然のものを大胆に使ったものがあるほか、コマ回し、竹馬、竹とんぼ、輪投げなどの昭和の懐かしい遊びが体験できます。

 

現代では風化しつつある、昔ながらの手作りの遊びが楽しめるとあって、子どもにとっても親や祖父母世代にとっても嬉しいですね。

また、工作体験では自由に創作できるので、子どもたちは目をキラキラさせながら取り組んでいます。

 

与えられた遊具で遊ぶのではなく、自ら創作して楽しさを生み出していくことのできる貴重な体験エリア。

 

毎週土曜・日曜にはプレリーダーと呼ばれるスタッフが常駐して子どもたちの遊びをサポートしてくれますが、小学生未満の子どもは保護者の同伴が必要です。

 

 

手軽に楽しめる!バーベキューエリア

ふれあい広場の横にはバーベキューができるエリアがあります。

 

ここのバーベキューエリアは屋根付き!炎天下のバーベキューは体力消耗がハンパないですよね。日焼けが気になるママにとってはめちゃくちゃ嬉しい。

 

炉とテーブルセットは15台づつあり、付属備品も充実してるので、好みの食材を持ち込むだけでお手軽に楽しめちゃいます。

 

お手軽にバーベキューができるとあってとても人気です。予約制なので、まずは電話にて炉の空きを確認してください。予約の詳細はこちらのホームページを見てくださいね。

 

バーベキューの予約方法・詳細はこちらから

 現在コロナウィルス感染拡大防止の為、定員や最大テーブル数を調整されています。詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

テーブル数 15
利用料金(1テーブル 6名まで。乳幼児や未就園児も含む) 5,000
付属備品 炭1箱(3kg)、網2枚、着火剤、ゴミ袋、炭用トング

 

大人から子どもまで楽しめる!公園でワークショップ

ふれあい広場の周りには、売店やレストランが入っている「梅の館」と、多目的教室が入っている「ふれあい館」があります。

 

地元食材を使った知多愛に溢れるレストラン

「梅の館」に入っているレストランはなんとモーニングから営業しています。さすが愛知!子ども用モーニングメニューまであるのがちょっとテンション上がりますね。

 

ここのレストランで提供しているメニューは、地元の食材を使ったり、公園のシンボルの梅になぞらえた料理だったり、地元のゆるキャラを模したカレーだったりと、地元愛に溢れた料理ばかりです。

 

私たちが訪れた時は、レストランは営業していなかったので食レポできないのが残念なくらい。また行って食べてみたい!

 

公園なのにワークショップ

「ふれあい館」では、料理教室やクラフト教室が開催されています。「え?公園でワークショップ??」と、ちょっとびっくりしますよね。

 

季節ごとに教室の内容は変わっているそうなので、行くたびに楽しめそうですね。シニア向けの教室から子ども向けのものまで様々な教室が開かれています。

 

各教室の詳しい詳細はホームページの各種講座から確認することができるので、行く前にチェックしてみると面白い教室が開催されているかも。

各種講座はこちらから

 

佐布里と言えば梅!梅っ花そうり

佐布里と言えば「梅」。地元では「梅っ花そうり」という愛称で親しまれています。

 

園の面積の大半を占めるのは梅林で、2月中旬から3月中旬にかけて美しい花一面にが咲き誇ります。

それに合わせて「佐布里池梅の花まつり」が行われ、週末になればたくさんの来園者で園内は大賑わい。一般的な桜とは違って濃いピンク色の花はめっちゃ可愛いんです。写真も映えますね。

 

佐布里緑と花のふれあい公園:まとめ

公園の名前通り、自然が豊かで大人から子どもまでいろんな楽しみ方ができる公園です。地元の人に愛されているのがすごく伝わってきました。園内は程よく人が入っていて、ちょうどいい感じ。

 

近くに住んでたら毎週末でも来てのんびりしたいな~と思える公園でした。

 

また、「料理教室」や「園芸教室」などのワークショップが行われているので、自然を楽しむだけじゃなく、ここならではの体験ができるのも訪れる楽しみがありますね。

 

知多半島に来たらゆるりと寄ってみてはいかがでしょうか。

 

【佐布里緑と花のふれあい公園 基本情報】

住所:〒478-0018 愛知県知多市佐布里台3丁目101

開園時間:9:00~17:00
休園日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月28日~1月4日)
入場料:無料
電話:0562‐54‐2911
公式HP:https://www.sourifureai.com
駐車場:【第1駐車場】普通車 70台・大型バス 3台
【第2駐車場】普通車 187台
【佐布里池駐車場】普通車 90台

-愛知県知多市
-, ,

© 2022 愛知まるっとパークガイド