愛知県新城市

新城総合公園|まるでRPGの世界?忍者になって遊具を制覇しよう!

2020年8月4日

愛知県新城市にある「新城総合公園」。新東名高速道路の新城ICを降りて車で約7分の場所にあります。

 

ナゴヤドーム9個分と言うとても広い園内には、小学生から幼児まで幅広い年齢の子どもたちが遊べる遊具やアスレチックがある他、芝生広場に自然を楽しめる散策路もあるなど1日中親子で楽しめる公園です。

 

一言で言うと、にこのアスレチック!?見たことない!アツな公園!」

 

本記事では、一言では語りつくせない魅力満載の新城総合公園を詳しく紹介していきます。

 

【新城総合公園はこんな公園♪360度動画はこちら】

 

 

わんぱく広場:こんなアスレチックは見たことがない!

出典:あいちおでかけナビ 公園で遊ぼう!

新城総合公園では、山の傾斜一面に巨大なアスレチックが設置されています。

 

こちらは「城攻め」をテーマとしており、子どもたちが忍者のように斜面の下から頂上へといろいろな遊具を楽しみながら遊べる工夫がなされています

 

チャレンジ精神旺盛な子ども心をくすぐるネーミングセンス。最高です。

 

さて、いざ頂上を目指して斜面を駆け上がります!

このように頂上へ向かうまでに多種多様な遊具があり、その難易度は幼児でも遊べるものから、小学生がチャレンジするものまで幅広くあります。

 

ここは何度来ても飽きがこない!来るたびに子どもたちは新しい遊具に挑戦できるし、親は子どもの成長を感じることができます。

 

まさに楽しみながら攻略できる、それはまさにRPGのダンジョンのようですね!

 

 

フォレストアドベンチャー:森の中で楽しめる本格的な空中アトラクション

フォレストアドベンチャーとはフランス生まれのアウトドアパークです

 

森の木々をそのまま活かしながらコースを作っており、木の上に作られた足場から、樹間をどんどん渡って行き最後はジップラインで地上まで滑りおりるという何とも本格的なアトラクション。

 

高いところでは地上18mまで登り、長いジップスライドでは120m以上にもなります。ダイナミックで本格的な樹上体験が楽しめます。

 

そんな本格的な空中アトラクション、子どもでも以下の条件を満たせば利用できます。

子どもの参加条件

  • 身長140cm以上または小学校4年生以上。体重130kg以下
  • 保護者の同伴が必要

 

本格的なコースの他に、身長110㎝以上の子どもから参加できる「モバイルコース」もあるそうです。

 

未就学児でも参加できるのでまずはこちらのコースからチャレンジしてみましょう。

 

このような森の中で本格的に楽しめるアトラクションはなかなかないので、この機会に是非親子で体験してみてはいかがでしょうか。

 

普段では見られない子どもの新たな一面が見れそうですね。利用料金やコースの詳細など詳しい情報は、フォレストアドベンチャー新城公式ホームページをご参照ください。

 

 

ラスボス出現感満載の展望塔

 

公園入口から虹の階段を上って行くと、空の広場、展望広場があります。

 

空の広場では吹き抜ける空、見渡す限りの緑が時計台を中心に広がっています。

 

園内のVR動画を観ていただくと、青い空、真っ白な雲、山や木々の新緑をご覧頂くことができます。新城の自然の空間をぜひ感じてくださいね。

 

こちらは展望広場にある展望塔です。

 

入り口を囲うように、不思議な動物のオブジェがありました。まるでRPGのラスボスでも出てきそう。

 

高さ24.2mの展望塔からは公園全体を見渡せるそうなのでさっそく上ってみました。

階段を登って展望塔の頂上に行くと、またも動物のオブジェが。

 

これはもしや十二支?なるほどそれぞれの方角に鎮座していたんですね。

 

展望塔からは360度緑豊かな景色を楽しめます。こちらは芝生広場の方向の景色です。

 

ここまで来るのにたくさん階段を上るので、小さい子どもと一緒だと大変かもしれません。

 

けれど、季節によって変わる山々の景色が見られる場所なので訪れる価値ありです。

 

 

新城総合公園:アクセスと駐車場

画像出典:あいちおでかけナビ 公園で遊ぼう!

車でお越しの場合は、新東名高速道路の新城ICを降りて国道151号線を経由し約7分です。

 

広い公園の敷地には8ヶ所も駐車場が用意されていますが、わんぱく広場(アスレチック遊具)を目的で訪れる場合は、東口から入場してください!

 

北口・南口からは入場しても園内は車両通行禁止となっているため、わんぱく広場最寄りの駐車場へは行くことができないからです。

 

また、駐車場の開閉時間は以下のようになっています。

駐車場の開閉時間

【3月〜10月】 午前7時 〜 午後7時
【11月〜2月】 午前7時 〜 午後6時

 

また、新城ICを降りてすぐの場所に「もっくる新城」という道の駅があります。

 

木材をふんだんに使用して木の温かみが感じる建物に広い駐車場、そして足湯もあり、ドライブで疲れた脚を癒すことができるとあって、オススメのお立ち寄りスポット。

 

そして美味しそうなお土産やご当地商品が並び、目移りしてしまうほどの品揃えです。おすすめは五平餅。くるみダレが香ばしく焼けてうまいんだ~。

 

公園に訪れる際は、道の駅もっくる新城も合わせて楽しんでみてくださいね。

「道の駅 もっくる新城」を覗いてみる

 

 

1日中楽しめる新城総合公園

広大な敷地の中には、子ども心をくすぐる面白い遊び場がたくさん!1日中楽しめる公園です。

 

わんぱく広場の城攻めは、忍者気分で思いっきり楽しめるので小学生の子どもにおすすめですし、子供の森や子供広場は幼児向けの遊具や砂場があるのでどんな年齢の子どもでも楽しめます。

 

ここでしか体験できないフォレストアドベンチャーもあるので、ぜひ新城総合公園へ訪れてみてくださいね。

 

【新城総合公園 基本情報】

住所:〒441-1312 愛知県新城市浅谷ヒヨイタ40

休園日:なし
(有料貸出施設のみ休園日あり)
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入場料:無料
電話:0536‐25‐1144
公式HP:http://www.aichi-koen.com/shinshiro/
駐車場:あり(無料)
駐車場開閉時間:【 3〜10月】午前7時〜午後7時
【11~ 2月】午前7時〜午後6時

-愛知県新城市
-, ,

© 2022 愛知まるっとパークガイド